So-net無料ブログ作成
検索選択

ダンナの体調がよくない・・・ [ペット]

年末から少しダンナの調子がよくないようだったので、自分のノロウィルスもようやく治まる気配を見せたので
動物病院にいってきました。ダンナは初病院。知らない生き物(犬)や知らない人がたくさんで緊張気味。
キャリーの中からそーっと周りの様子をチェックしていました。
触診で腫瘍も見当たらないので、レントゲンを撮ることに。大丈夫かなぁ。
と思いきや、話を聞くと大人なしくレントゲンを撮らせてくれたようでした。
レントゲンからの所見でいうと、若干、心肥大気味、
また、肺が白っぽく肺炎を起こしているのではないかということでした。
朝晩に飲ます粉薬をもらってきました。
どうやって飲まそうかと悩んだ末に、少量のスタミノンに練りこんで目の前にちらつかせたら
飛びつきました。悩んで、心配して損した。もー、うちのダンナは食べ物にいやしいんだから・・・
ちょっとずつでいいからよくなってね。
しかし、『ダンナ』って名前にしたから、
病院で呼び出されるときに『齋藤ダンナさん、診察室5番にお入りください』って・・・
齋藤ダンナってのはなかったかな(^_^;)
前の子は『齋藤弥七さん』だったから気にならなかったけど『齋藤ダンナさん』だもんなぁ
でも、同じ日にすごい犬が・・・
『滝廉太郎さん、診察室にお入りください』って(゚_゚)作曲犬!?荒城の月でも作曲しちゃうか!?
ビックリしました(^O^)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。